スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エゾアズマ(仮)の育成状況

みなさんこんにちは、鈴木東錦の神髄です。鈴木東を使った交配魚は時々記事にしてますが、肝心な鈴木東錦の記事のネタが出来ないので、そのためだけに今から仔引きしようかと考えたりしてます…。

本日三回目の更新です。今回は、去年9月頃に生まれた地金♂×鈴木東♀の交配によって生まれたエゾアズマ(仮)同士、所謂F2?の状態をお伝えしていきたいと思います。
IMG_0491.jpg
↑まずは普通鱗性の個体。尾形は地金のように切れ込みが深く、それを少し長くしたような尾で、成長力もあるので、今後さらに良くなってくると思います。肉瘤がうっすら確認できますが、ここから発達するかといわれるとどうかな…。少なくとも肉瘤がある同士の交配ではないのでね…。遺伝的には可能性あるけど…。

問題は、写真はありませんが、反対側の体表の鱗の並びがあまりよろしくないことです。おそらく近親の弊害でしょう。
524893c043e3a3902dec31d191f3da67.png
↑この仔が今回の交配による成功体ですね。成長と共に黒色が増えています。

どうしても、キャリコに褪色して赤や白になるものを交配すると、黒色が無い、もしくは出ても成長と共に抜け落ちるという結果が出ているのですが、今回はそれを近親交配することで、鈴木東と地金の良い部分をより強く出そうというコンセプトのもと行った結果で、完璧とはいえませんが、なんとかキャリコといえるものが出来てくれました。

尾形は切れ込みが深く長めの地金に近いもので、見様によっては江戸地金に見えないこともない感じです。体型がもっと良くなればなぁ…。元々親自体も雌の鈴木東に似て、体型は地金というよりオランダ型でしたからね…。やっぱり地金を雌にしないと体型は上手く出てくれない模様。あと肉瘤が出てくれるともっと嬉しいですね。

問題は、稚魚の数自体が少なく、まともに育ったキャリコのものがこの仔だけということです…。失敗が出来ぬ・・・コワイ。

今のところエゾアズマ(仮)の特徴としては

1.尾は長めで切れ込みが深く、地金のように縦に持ち上がっている
2.体型は地金で肉瘤があるとさらに良い
3.体色はモザイク透明鱗(キャリコ)もしくは全透明鱗)

交配の過程で普通鱗の黒や地金の影響で褪色して赤色になる個体も出ますが、赤色ならまだしも黒色はあまり一般ウケしないので…。交配には使えそうですけどね。2は地金を雌に使って鈴木東と交配してクリアできればなんとか…。

今のところ100%ではありませんが(ウチの東海錦の親魚が♂に似たものが多かったように)、体型は雌に似ることが多いので、引き継ぎたい体型を雌に使うと良い結果が出てくれるかもしれません。
ddac439fb216e76d460a5100fa291b6c.png
↑完全突然変異なのか、どこかしらにアルビノが入って先祖がえりしたのか、完全アルビノですよね…。アルビノは20尾少し出ましたが、本当にまともに育ってくれたのはこの仔とあと1尾の普通鱗のものくらいです。これでさらに体型が地金だったらすごかった。このままでも十分すごいですけどね。肉瘤もうっすら出てるし…。
fed8d0991277525d73b151f5c9df39d8.png
↑この仔はアルビノ普通鱗です。ただあまり特徴自体に良いものは持ってません…。体型は先祖返りしたのか和金に近いし、尾形も持ち上がっておらず、微妙の一言に尽きます…。貴重だし仔引きに使うかもしれませんけどね。
IMG_0503.jpg
↑この仔は先ほどの普通鱗と同じで、あまり良いものはもっていませんが、少し特別な形質が出ています。色彩はアルビノと同じなのですが、なんと眼の色が赤色から後天的に黒になったのです。

これは、以前説明したかもしれませんが、メラニンを完全に欠損してる訳ではない普通とアルビノの中間の赤目の形質と酷似しているのです。他の写真だと↓
dc39a6e9fe4a92d58ef5cbabe5b51e95.png
↑写真ではわかりにくいかもしれませんが、一番上のものです。下2尾はアルビノです。
2ba5a88b2ca97f9935f752058842f6eb.png
↑一番上のものです。頭と背中に若干黒色(メラニン)が発現しているのがわかると思います。これがもしモザイク透明鱗で起これば、もしかしたら浅葱色も出てアルビノの眼をもつエゾアズマ(仮)が出来る可能性もあるかもしれませんよね。


ここからやることは、やはりここからさらに交配してF3?を作ることなのでしょうか。それか多少色彩か体型が劣化するの覚悟で地金か東錦を交配するか…。こうなるとちょっと江戸地金がほしくなってくるんですよね…。

普通鱗の黒の個体と江戸地金交配したら良い仔が生まれる気がしてならないんですよ…。数がもっといたらもっと色々出来そうなんですけどね…その前にスペースが無いんですよ…。

これで本日の更新を完了したいと思います。次はもしかしすると、埼玉養殖魚まつりまで空くかもしれませんね。何か良いネタがあれば急に連発で更新する可能性も無きにしも非ず。以上、鈴木東錦の神髄でした☆
スポンサーサイト
プロフィール

鈴木東錦の真髄

Author:鈴木東錦の真髄
出身:北海道札幌市
生年月日:1989年8月24日♂
職業:とある場所にて弟子入り修行中
静岡県在住
毎日死ぬほど疲れて更新少し滞るかもしれませんが生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。