FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金魚も私も無事に生きてます

みなさんお久しぶりです。鈴木東錦の真髄です。三ヶ月ぶりの更新です。

この三ヶ月間に色々ありました。

大学を卒業してから就職活動を続けるも、3年間一向に採用がもらえず途方にくれていた私ですが、友人連れられ行った先のBARにて紹介を頂き、3月末に静岡に引越し、名前は出せませんが4月からとある養魚場にて見習いにしてもらい、修行中です。

毎日朝5時起きくらいで日々汗水流して精進しております。私が今までやっていた金魚ですが、スペースを頂き、非常に良い環境にて現在も繁殖・飼育を続けています。

ついにスペース不足という超えられない壁を解決することが出来ました。師匠二人に感謝しかないです。

最近少しずつ作業には慣れてきましたが、なかなか自分の金魚を撮影する時間を確保するのも難しいので、しばらくは時間と私の体力次第の更新になりそうです。あと4月上旬にいきなり酷い風邪引いて、今も咳だけが治りません…。2ヶ月ゴホゴホ。

それでは今回のカテゴリである東海錦の更新にいきたいと思います。今回は、現在量産中の三色東海錦です↓
IMG_1919.jpg

IMG_1922.jpg

IMG_1926.jpg
東海錦♂×東海錦♀(全透明鱗浅葱)の交配によって得られたものです。上手いこと雌の劣性因子である浅葱色を維持しつつ黒斑を引き出し、そこそこのキャリコ柄になってくれました。現在活きミジンコと粉末のエサを団子にして広いスペースにて飼いこんでいます。

尾は、全体で得られたもので言えば、伸びすぎたりしなしなしたり、開きが足りなかったりと色々と物足りないものが多く出ましたが、写真の個体群は雌から良いものをもらった様で、長めでしなやかさがあります。体型は雌似のものが多く、蝶尾の色が強く出ていますね。

課題である地金体型を出すには、やはりまず良いキャリコ地金の雌を探すか作るかしないとならなそうです。

普通鱗の褪色しないタイプの黒の東海錦♂×桜地金である藤六鱗の雌辺りでなんとか作れないかな…。
IMG_1931.jpg

IMG_1929.jpg
↑こちらは先ほどの個体群とは使用した雄が異なります。ウチの三代目東海錦♂×東海錦♀(全透明鱗浅葱)です。

こちらは雄の影響を強く受け、尾が力強く持ち上がったものが多く、私好みの尾型をしているものが多い代わりに、雄親から出る褪色するタイプの因子の影響か、赤色が強く、浅葱色の出る個体も少なく、黒斑は成長と共に消えていくものが多いです。

つまるところ色彩のパンチ力不足です。キャリコ蝶尾同士から得られると思われる褪色しない普通鱗の蝶尾を使えば良い結果が得られるかもしれません。そして体型が地金から離れていく…。やっぱり良い体型のキャリコ地金を作るしか…!
IMG_1935.jpg
↑3尾だけですが、短尾タイプが出てきました。体型は平たく言えば和金に近く少々残念ではありますが、尾は蝶尾のショート、浅葱色が薄っすら出ているものと、キャリコに近づいたような良い感じの黒と浅葱が出たもの、完全に黒が抜け落ち桜色になっているものの3段階です。

この交配の組み合わせからしか短尾は得られていないので、雄親の影響と考えるのが自然だと思います。雄親は元々地金♂×東海錦♀によって得られているものなので、短尾が出手も何ら不思議ではありません。

雄親の兄弟からも、低確率ではありましたがこんなのが出てきましたしね。アレを落としたのは勿体無かった…地金とかけてタフ地金できたかもしれなかった…。

この短尾タイプはどこかで使いどころが見つかれば良いんですけどね。面白いので今後も飼い込みます。

今回はここまでにしたいと思います。今日はそこそこに時間が出来たので、他のカテゴリのものも撮影してあるため、また近々更新できるかもしれません。

毎日ハードすぎて最近寝る時間なんて21~22時になっていますが、毎日わりと笑いのある楽しい職場で頑張っていますよ。

諦めずに手を動かし続け、積極的に多くの場所へ行動を向けていけば、そのうちイイことあるかもしれないよという事を身をもって実感した私、鈴木東錦の真髄でした。巡り巡ってどんなところに縁があるかわからないものです。

実はこの縁のスタートは、きっかけを思い出してみれば2009年時に友人から紹介されたとあるオンラインゲームのプレイだったりしますね。このブログスタートのキッカケすらね…。

次の更新内容は、東錦か浜錦になると思います。それでは以上、鈴木東錦の真髄でした☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶり! 

就職おめでとう!

健康に気を付けて頑張って下さい!

Re: No title

<<セレクトカヤマ様

お久しぶりです。

これからは仕事場のメインものを覚えつつ、自分の金魚を作ることが出来そうです。

一部ブログへの記載許可も取れたので、先生の提案により現在仔引きを行っている品種の記事もそのうち書くと思います。最近作業にも慣れ始め筋肉が付いて、身体もムキムキになってきたのでなんとかやっていけそうです。
プロフィール

鈴木東錦の真髄

Author:鈴木東錦の真髄
出身:北海道札幌市
生年月日:1989年8月24日♂
職業:とある場所にて弟子入り修行中
静岡県在住
毎日死ぬほど疲れて更新少し滞るかもしれませんが生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。