FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海錦♂×東海錦♀で交配

みなさんこんにちは、鈴木東錦の真髄です。ちょっとここ最近色々ありすぎて、更新速度が急加速となってまいりました。まずは悲報を一つ。前回の更新時に産気づいていた雌の桜地金ですが、雄の地金が産卵したまでは良かったのですが、雄の地金の精子量がほとんどなく、ほぼ100%無性卵に終わってしまいました。

その後、元の育成水槽に戻したのですが、地金、桜地金共々体調を崩し(見た目にわかる病気や外傷なし)、その水槽ごと急遽換水し、食塩浴を試みました。が、体調が一行に戻らず、地金と桜地金を100%更水に食塩浴とエルバージュで様子見をしました。が、2日経ってもどちらも良くならず、力無く水面付近を浮いている様は非常に毎日が手に汗握る状況でした。

そこで、死ぬこと覚悟で、水温を19℃から、たったの2日で34℃まで上げる高温処理を行ってみました。これは、以前に紹介したヘルペスウイルスの治療法ですね。このままではどちらも死んでしまう訳で、リスクは元より承知!ということでやってみたところ、なんとか桜地金が回復の兆しを見せ、地金が耐えられず、ショック死してしまいました…。
P1030246.jpg
さらば地金…ウチで今まで受け入れてきた地金の中で君が一番短命だったよ…水が合わなかったのか、産卵槽→育成槽に戻したときのPHショックなのか、水温差なのか、とにかくあまりにも短すぎる命でした…。だが君の存在は忘れないよ…。加須市の養魚祭で出会った君を…。

もう一つの出来事。以前から寿恵廣錦の交配を何度か行い、その時のハネを実家に残し、兄に育成をお願いし、さらにその中からのハネを近場の熱帯魚ショップにスペース確保のため、無償で置いてもらっていたのですが、一尾980円で全部売れたそうです…まさかたったの一週間で売れるなんてね…私も流石に驚いております。

その寿恵廣錦なのですが、どうやらこれは人の性格によって、かなり体格等のバランスが出るみたいなのです。私が育成する寿恵廣錦は、体高があまり出ず、スマートな体型で、上から見ても太みのある体型なのですが、兄の育成方法だと体高が出て、横見でもなかなかに迫力のある体型になるみたいです。同じ兄弟で、性格差でここまでかたちに差が出るとは面白い…。




↑ウチの寿恵廣錦の稚魚です。部屋が汚いのは仕様だ…。

妙なBGMが聞こえるのはちょっとしたミスです…。他にも色々撮っていたのですが、私の声が入っているのは流石にお恥ずかしいのでまた今度撮り直したいと思います。動画の画質もそんなに悪くない様なので、これからは写真とプラス動画も混ぜてやっていきたいと思います。

もう一つの出来事なのですが、まあ、現在寿恵廣錦の売れ行きが良く、安定して仔引きできるのであれば、1尾400円の取引となるみたいなので、そちらを優先したいのですが、どうもそうもいかないようで、ペアリングしてみて5日経っても産卵しないので、今年の産卵は控えたほうがいいかな…?ということで、ダメ元で東海錦の2尾をペアリングしてみたんですよ…。

そうすると、水温18℃でまさかの雄が覚醒→発情
P1030291.jpg

P1030290.jpg

P1030292.jpg
おそらくもうどちらも4歳になるのですが、雄がいつになったら発情期に入ってくれるんだ…といった感じでまったく産卵する気配がなかったのですよ…。だいぶ前に一度だけあったのですが、そのときの仔は体質が弱く、すぐに死んでしまいました。


今回はまずいのは雌の方みたいです。産卵時はとても元気であり、問題なかったのですが、今日の朝に人口産卵を施し、大学の授業を終えて戻ってきたところ、何故か虫の息になっていました…同じく親魚水槽に戻した雄は元気だったのに…そう腹圧を強くした訳でもないだけにかなり心配ですね。今のところの見立てでは助からない雰囲気ですね…。

もしかすると何かしらすでに病気を抱えており、その影響で卵が無性卵になってしまうかもしれない、ということも考えられますね。できれば成功してほしいところですが…。おそらく東海錦同士の交配は、この2尾の年齢からしてこれが最後になると考えても良いでしょうね…。

それにしても今回の東海錦の雄(丸手のほう)の精子の出の良さが今世紀最大すぎました…お前晩成すぎるにも程があるぞ…。もしかしたら今後使うことができるのならば、寿恵廣錦とかけ合わせていくこともできて面白いかもしれませんね。

頼む東海錦の雌よ…ここでは「シャーリー」と呼ばせてもらう…。死ぬなシャーリー!!!生きろ!!!

たまに、何かしらのアニメのネタを入れつつも…心の中で血の涙を流させてもらっています…。というわけで、実家には12月22日に戻るので、それまでに急ピッチで稚魚を育成していかなければならなくならなそうです。上手く受精してればね…。またなにか緊急事態が発生したらブログのほう更新させていただきます。それでは以上、鈴木東錦の真髄でした☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

天青もう作らないって言ってたらしいけど知ってました?

Re: No title

> 天青もう作らないって言ってたらしいけど知ってました?
うそん…何故ですか…あんな素晴らしい金魚を…。ならば鈴木東錦の透明鱗から復元させていくしか…!
天青はロングテールで肉瘤控えめだった気がするのでそれを選抜していけばできますかねぇ…。尾びれを逆に伸ばす高温飼育かな…

No title

オークションに出てたから調べたら、誰かが言ってました。
ヒレが出る個体はオランダでも頭弱めだから鈴木からは厳しいのでは?
日本オランダとかで嘘みたいにヒレ長いのがいるけど、あんな感じで白く育てられたら(黄ばみが出ず)超売れそうv-218もちろん浅葱も出て。
プロフィール

鈴木東錦の真髄

Author:鈴木東錦の真髄
出身:北海道札幌市
生年月日:1989年8月24日♂
職業:とある場所にて弟子入り修行中
静岡県在住
毎日死ぬほど疲れて更新少し滞るかもしれませんが生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。