スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海錦の稚魚、去年生まれた寿恵廣錦の稚魚の現在

皆さんこんにちは、鈴木東錦の真髄です。やっと空いた時間を見つけてブログの更新に至ることができました。今回は、タイトルの通り、前回更新した去年12月上旬生まれの東海錦の稚魚の紹介です。非常に残念なことに雌親は、あれから力尽きたかのように、すぐに死んでしまいました…。

雄親は今も実家で元気に余生を過ごしています。もしかしたら、また種親として使用する可能性もありそうです。もう4歳以上なので、今後は成熟度合いによりけりになりそうですね。

雌親は死んでしまいましたが、最後の最後にしっかりと親魚としての役目を果たしてくれました。その成果を載せていきたいと思います↓↓
P1030350.jpg

P1030351.jpg
↑これは二週間前のもので、現在は数を54尾に絞り、それをさらに60㎝の水槽で、27尾ずつ分けて飼育しています。成長がとても早く、現在は生後3カ月近くになりますが、一度鰓病により大量死が起こりながらも良い仔が多く、今後がとても楽しみです。

↑現在は、冷凍赤虫をあげながらの2日に1回4割換水を行っています。こうしてみると、雄親に似た体型のものが多いのがわかります。雄親のような尾びれの切れ込みの深さを持った稚魚はいませんが、全体のバランスに富んだ稚魚たちが多いので、上手く親魚にまでこぎつけた暁には地金を使って戻し交配をしようと考えています。

中には身体は若干小さいですが、地金に似た体型やショートテールの尾びれの稚魚がいたり、パール鱗のような稚魚が数尾居たりしています。これら先祖返りや突然変異は面白いので残す予定ですが、成長が遅れ気味なので親魚にまで育つ保証はありませんね…。

最終的には20尾ほど残して残りは近場の熱帯魚ショップに買い取ってもらう予定です。あまり数が多すぎると手間がかかるうえ、成長の妨げにもなるのです。あとスペースがあまりない…。

続きまして次は、寿恵廣錦の稚魚の現在を載せたいと思います↓↓
P1030355.jpg

P1030356.jpg

P1030359.jpg

P1030361.jpg

P1030379.jpg
↑泳ぐスピードがマッハすぎてなかなかフレームに綺麗に納まってくれません…ということで今回も動画を撮影しました↓

年明け2歳で今のところ、良い仔は5尾いますが全部雄であることがわかっています。追星がね…。今年5月~6月の間までには身体を作り、半分血は繋がっていますが(大きく言ってしまえば皆繋がっていますが)、一昨年生まれた親魚の兄妹の雌を使用したいと考えています。

この他に現在は、鈴木東錦の雌に鈴木東錦の雄もしくは高頭パールの雌による卵が採れたので、そちらの件なども今後不定期ですが更新予定です。

今回はこんなところですね。しばらく更新していなかった割にはあまりお話しするネタが無いというか、あまり勢いよくやるとネタが切れず、長文になってしまいがちというわけで、この辺にしておきたいと思います。以上、鈴木東錦の真髄でした☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴木東錦の真髄

Author:鈴木東錦の真髄
出身:北海道札幌市
生年月日:1989年8月24日♂
職業:とある場所にて弟子入り修行中
静岡県在住
毎日死ぬほど疲れて更新少し滞るかもしれませんが生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。