スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三色東海錦を作っていく

みなさんこんにちは、鈴木東錦の神髄です。鈴木東の仔引きをしていないので鈴木東の記事が書けません!!(泣)

今日は記事三つ更新する予定です。まずは東海錦のお話をしていきたいと思います。そろそろ個体別に評価もしていきたいところ↓
IMG_0481.jpg
↑去年9月に仔引きしたもので、東海錦♂(普通鱗の黒)×エゾアズマ(仮)♀(地金♂×鈴木東♀で生まれたモザイク透明鱗)です。コンセプトは、アウトブリードに鈴木東の体質の強さを受け継がせた三色東海錦です。

もう少し数がいるのですが、その中でもまともに育って尾形もよく、これならなんとかなるだろうと判断した、今後の成長次第で種親になりえる候補群です。

三色東海錦つくりに、東錦を使うのは尾形的にあまり好ましくないといわれていますが、さてどう出るか…と。結論的には、そもそもの絶対数が少なくなんとも言えないのですが、尾形の劣化は想定の範囲内でおさまってくれました。

一応種親に使った東海錦♂の相手には、地金の血が半分流れてはいますしね。可能であればエゾアズマ(仮)は地金を雌にして作りたいのですがね…なかなかそう都合よくもいかない…。
IMG_0489.jpg

IMG_0487.jpg
この2枚の写真の個体は個人的にお気に入りのものです。ある程度の予想はできてはいたのですが、やはり黒色はあまり強く出ませんでした…。種親の東海錦自体は褪色していないとはいえ、血統的には褪色する因子を持っているとは思いますし…。


あとはここから成長して黒色が増えていくかどうかです。たぶんこのまま維持か、消えていくかのどちらかだとは思いますが…。ここからさらに交配するところまでこぎつけることが出来れば御の字ですね。

次に、北川辺金魚園様から購入した東海錦群の紹介をしていきたいと思います↓
IMG_0508.jpg

IMG_0517_convert_20160226181055.jpg

IMG_0523_convert_20160226180944.jpg
↑やっぱりウチの作り始めの三食東海と比べると完成度が違いますね…。そして体質もなかなかタフでいらっしゃる。
IMG_0519_convert_20160226180835.jpg


ウチの東海錦は基本的に地金の尾の持ち上がりが強く出てるので、上からみてあまり開いては見えないんですよね…。この写真のように、ここをもう少しやわらかくしないといけない…。今手元に居るウチの東海錦は、水槽映えするのでそれはそれでありだとは思うので私独自の改良の方向も視野に入れてます。東海錦のほうは、この尾形を作り出すことをマスターしないとね…。

最後はウチの東海錦の種親の紹介です。現行ウチで最高の個体で、ちょっと私を悩ませてくれてる困ったちゃんでもありますが…↓
IMG_0320.jpg

IMG_0312.jpg

↑2012年12月上旬生まれの天然六鱗色の雌親で、年明け5歳になります。尾びれと背びれの間部分の多表の赤をなんとか抜けば良い感じ。尾形は少々持ち上がりが強い感がありますが、特に崩れもなく個人的にお気に入りです。体型も顔も地金の良さが出てますしね。

欠点は、体表に若干傷のような部分が数か所あること(昔から)、前述した通り尾がここまで持ち上がると、東海錦としての定義付けから離れていること。それと私最大の悩みの種、体質に若干うるさいところを見せていることです。

もう年齢的にもサイズ的にも一度くらいは産卵経験があってもおかしくないのですが、経験0です…。まったく性成熟しないというよりは、ちょっとしたことですぐ体調を軽く崩すのでお腹が出来上がって来ないんですよ…。

かれこれ二ヶ月くらい仔引きの準備を続けてでわかってきたことが、どうやらこの仔、新水が嫌いなようなのです…。水換えするとお腹が固くなってしまうんです。

他にわかってきたことが、あまり強い循環性能を持たない簡単なエアレーションで、15~18℃くらいの水温での青水が好きなようです。最近やっとお腹が柔らかくなってきたので、チャンスはあるかもしれません。

とにかく水換えをあまりせず、この仔の場合はむしろ餌を切るのは良くないようで…となかなか私を困らせてくれるわけですよぉ!!天然で六鱗色のこんな見た目の良い仔を種親に使わない、もしくは使えないのは勿体なすぎるのでなんとかしたいですね…。

時々あるのは、生殖能力無しです…。雄雌の中間だったり雌であっても体内構造的に卵が作れなかったりと様々です。これで無いことを祈りたいですね…。少なくとも雄2尾はよく追い掛け回しているのでそれに賭けたいところ。

東海錦の選手層が現在かなり薄めなので、焦りを感じています。次の更新内容は寿恵廣錦です。以上、鈴木東錦の神髄でした☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴木東錦の真髄

Author:鈴木東錦の真髄
出身:北海道札幌市
生年月日:1989年8月24日♂
職業:とある場所にて弟子入り修行中
静岡県在住
毎日死ぬほど疲れて更新少し滞るかもしれませんが生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。